撮影その1(生まれてはじめての経験)

こんにちは。スタッフのKooです。

先日生まれてはじめての経験ができました。
それは撮影の立ち会いです。

エコーレアの化粧品を多くのお客様に
お使いいただけるよう また使い方で悩んでしまわないように
という考えから製品のご使用方法を動画撮影したのです。
諸事情があり私は急遽参加することになりました。

いよいよ指定のスタジオ入口まで近づきました。
すでにカメラや照明の準備は整っているようです。
早速スタッフの皆さんと名刺交換

ああっカメラマン!
照明さん!
メイクさん!

いかにもそれっぽい肩書きのかたばかり!!
と舞い上がっている暇もなく・・・モデルさん登場
か、かわいい・・・!! 華奢、小顔、ピチピチ!

やっぱりモデルさんはモデルさんになるために生まれてきたのかしら。と感心。
挨拶もそこそこに前髪のヘアスタイルの打ち合わせや衣装合わせ。
お化粧品の使い方をご紹介する動画になるので、前髪はしっかり上げていただいて・・・
衣装は元気な、ヘルシーな、爽やかな感じがいいね。なんて。

いよいよスタジオに案内されます。

スタジオそのものも、スタジオ外(建物内)も結構雑然とした様子でした。
今回は化粧品の使い方撮影ですが、これらのスタジオでは、ありとあらゆるモノや人の撮影を
行ってきたのだろうな、としみじみ。
「こちらのモニターで確認されてくださいね」と言われ、モニター前に座らせていただく。

メイクさんと共に準備のできたモデルさんが再登場

メイクさんという職業の方が、お仕事をしているところを拝見したのは自分の結婚式以来2回目。
流石に1回目はお仕事の様子を観察、なんて流暢なこと言っていられなかったので
今回はその様子を観察することができました。

モニターでモデルさんが映し出されると・・・
意外に後れ毛や飛び出した髪の毛(1、2本のレベル)が気になってくるもので
「右耳のところ」だの「おでこの真ん中やや右に」とかよく見えてきてしまいます。

普段何気なく見ているテレビCMや雑誌のモデルさんの どアップを見かけてはいるのですが
そんなこと気になったこともなく。。。
もちろん、それらの撮影が完璧だというのもあると思いますが、やはり「お仕事の目」で見ていると
見えてくるものなのでしょうか??

ではいよいよ撮影開始。

  撮影開始
 
というところで次回に続く。