鮎ラーメン

こんにちは。スタッフのKooです。

暑い日が続きますね。
こう暑いと食欲がわきませんね、・・・って言ってみたいところなのですが、
ワタシの食欲がなくなった時は本当に具合が悪い時
そうそう、食欲は低下しないのですが、夏にぴったりのものをいただいてきました。

つめたい鮎ラーメン」というものです。

よく、テレビ等で山形の方で冷やしラーメンなるものがあり、
紹介されていることがありますが、雰囲気はそんな感じかな?
と思って この「つめたい鮎ラーメン」と普通の(熱い?)「鮎ラーメン」注文しました。

この日は珍しく、ワタシと息子(幼児)二人で外食でした。
何を食べたいか尋ねると、「ラーメンがいい」と。
そんな会話をしている付近にラーメンのお店があったな、と。
品書きをみると・・・
鮎ラーメン?? 
鮎の魚醤がはいっているらしい。
・・・

鮎の魚醤といえば以前、なかがわ水遊園という水族館に行った時
めずらしいので購入した経緯があります。
魚のダシが利いた調味料、といった表現がふさわしいでしょうか?
料理の仕上げにほんの少し香り付けするといった使い方をしています。
という訳で、鮎の魚醤にも抵抗がなく、いや、むしろお気に入りなので、
鮎ラーメンの出来上がりを大変楽しみにしていました。

 画像は普通の「鮎ラーメン」です。
 鮎ラーメン
結果から言いますとわたしは冷たい鮎ラーメンの方が好き、でした。

熱い方がだめだったという訳ではなく、つめたいほうが、鮎の魚醤が利いていたように感じました。
息子(幼児)も気に入ったようで、スープを最後まですくってごくごく飲んでいました。
相当美味しかったらしく今度お父さんを連れてきてまた食べたい、と言っていました。

幼児は正直なので、おいしいものに関しては「食べなさい!!」なんて一つも言わなくても
モリモリ食べてしまいます。
じゃあ、普段の夕食でワタシが「早く食べちゃいなさい!」と言っているのは、もしかして・・・(泣)