遅れた花だより~その2

こんにちは
スタッフのKooです。岩手花だよりその2です。

  ブログ原稿9-2

私の祖母のうちは昨年の東日本大震災の津波がすぐそこまで来てしまった・・・
という地域にあります。
幸いにも、祖母のうちは津波の被害をまぬがれました。

リアス式海岸と呼ばれる地域ですので、距離的には海はすぐそこにあるのですが、
すぐに陸地がせり上がり高台に位置するところに住居があったおかげで何とか助かったようです。
そのような土地なので、海の方を向いて見下ろすように眺めると、海から続く平地を見渡すことができます。

昨年6月、震災から3カ月後に訪問した時には一面瓦礫がありました。
今回、1年を過ぎたところで見渡すと瓦礫はまだまだあるもののだいぶ片づいてきたな
という印象でした。

海から少し離れ、高台の道を進むと、震災や津波など嘘だったかのように、のどかな美しい風景が広がっていました。
そして、むかしから母が言っていた光景を見ることになりました。

本当に、「いい香りがするな~」と振り返れば梅が満開。
足元をみると沢山ありすぎる野生?の水仙、たんぽぽ。
お寺の境内には立派な桜の木があり、それも見事に満開。
桃を確認はできなかったけれど、椿も咲いていたような気がする。

寒く長い冬を経て、一気に短い春がやってくる。
その短い間に花たちは競演。
これが、その風景なのか。

本当にきれいでした。

そして海の方を見ると、私が毎年のように夏、見ていた青い海があり、瓦礫と瓦礫除去した平地が広がっている。
直接津波の被害を受けていない私でさえ、この風景と光景が美しく切ない。

  ブログ原稿peg

本格的な春、いや初夏の到来
お出かけに最適な気候ですね。
外出する時には紫外線ケアも忘れずに エコーレア肌にやさしい日やけ止め をバッグに入れて
一緒に連れて行ってあげてくださいね。

  肌にやさしい日やけ止め